サイドバナー作成ポイントまとめ

サイドバナーはトップバナーほどサイト全体に対する強い影響力はありません。ボタンやサイトナビゲーションとして使うなら、サイトそのものとトーン・様式を合わせたほうが自然ですが、目的によってはトーン・様式に合わせる必要はありません。

バナーを利用していないサイト内ナビゲーションの例

目的は果たしていますが、シンプルで個性はあまり出すことができません。あまりページ数がない場合は手を入れなくてもよいかもしれません。

 ナビゲーション

 

バナーを利用したサイトナビゲーションの例

写真を利用することで見やすく、サイトの個性を出すことができます。ECサイトで商品種別が多い場合は、専用にバナーを作成してナビゲーションのボタンとして利用した方が訪問者に親切でサイト内巡回も促されるでしょう。

 

ナビバナー

広告としてのサイドバナー

広告としての要素が強い場合や、あるページや商品に対する導線として使う場合は、サイトのイメージを損なわない範囲で目立たせてもよいでしょう。目立たせるというのは、他のバナーは統一感を持たせておき、広告用のものだけを違うテイストにするということです。

飛び先・目的を考えてマッチ度が高いサイドバナーを作りましょう。

 

4LTU0zXU